« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

548日目 5大ニュース

大晦日です。

こちらにいると大掃除も買出しにもする必要は無いので暇です。

仕事の方は、

"一歩進んで2歩下がる"って感じで.........詳しくかけません。

自分のブログを振り返って2008年の私的5大ニュースを上げてみました。

第一位 ガスタービン試運転成功

 4年以上に渡り関わって来た機械が無事現場で試運転完了しました。

    318日目 なんとか終わった

第二位 I君帰任する

 この仕事を最初からずっと一緒にやっていたI君が帰任してしまった。

    544日目 I君帰任する 

第三位 コレステロール上がる

 ついに老化の兆候現る。

     482日目 健康診断結果

第四位 ショウストッパーの汚名を着せられる

 これは頭に来たな。 実はまだ完全に解決してないけど。

 493日目 show-stopper (ショウストッパー)

第五位 NHK連ドラにはまる

 瞳、だんだんと篤姫には、心を和まされた。 

 日本にいたらまず見ないだろうけどね。 

 296日目 瞳

愚痴の多い日記ですが読んで頂きありがとうございました。

家族への手紙のつもりではじめたブログでしたが、コメントも頂、自分の考えを整理する上で非常に役に立っているなと思っています。

良いお年を。

 今年最後のポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

  (._.)アリガト

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

547日目 久しぶりのグループ打ち合わせ

Dec29

昨日、我々のグループで打ち合わせをしました。

かなり昔、毎週状況確認をやろうねと話しておきながら、
昨日まで半年以上、2度と打ち合わせをしていませんでした。 

いい加減なものです。

私の所属するチームは、フランス人をボスに、日本人、イタリア人、パキスタン人、インド人、フィリピン人、インドネシア人、エジプト人、ルーマニア人で構成されています。
よく、まあバラバラに集まったと関心します。

下手に一種類の国が多すぎると、自国語だけでやりとりしてしまうので、チームとしては情報共有という点でよくありません。 その意味ではばらばら過ぎて丁度よいようです。
特に議題はないのですが、今年も終わりに近いのと、不満があるかの調査のようなものです。

基本的に、我々日本とフランス人以外は、一年単位で契約して出稼ぎに来ているのです。

したがって、他に仕事を見つけたり、不満があるから急に辞めることもあります。

急に辞められては引継ぎが困るので、顔色はよく見ていないといけません。

幸い、今年は不都合はありませんでした。 10数人のグループであれば毎日顔を見ているので、様子はわかりますので、形式的な報告や顔見世は時間の無駄で要らないってことのようです。

一応、フランス人のボスからは、急に辞めるような奴はいないな、そんなことがあれば、ブラックリストに載って、これから先仕事が見つからないぞと暗黙に圧力はかけています。 仕事がうまく進んでおらず、絶えず不満を持っているのもいますので。 

また、お前たちは最後まで必要だから、上から人減らしの話が来ても断っている。 だから期待に答えて結果を出してくれと、雇用の安定の話もしています。 

このフランス人はなかなかの人物で、日本人にはあまりいないタイプです。

日本はアメリカのビジネス手法を手本にし過ぎですが、フランス人に学ぶことが多くあるような気がします。

 よったついでにぽちお願いします -->  人気blogランキングへ

                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

546日目 ブログを2つ紹介

カタールと関係ありませんが、私のお勧めのブログを2つ紹介します。

お二人とも、小泉・竹中に楯をついたため、大変な目に会わされました。

テレビ、新聞、普通のニュースでは、決して気がつかないことを書かれています。 (新聞、テレビは政府の都合の悪いことは書いてありません。書けないのでしょう。)

権力に刃向かうことの怖さも同時に感じます。

[公式] 天木直人のブログ
「さらば外務省!」 天木直人の公式ブログ イラク戦争に反対し、「勇退」を迫られた元外務官僚、天木直人の渾身のメッセージ!

植草一秀の『知られざる真実』
政治・メディア・金融の真相・深層を抉る。 不撓不屈の精神で腐敗した権力の真実を洞察し、経世済民の思想を考える。

お二人が再度桧舞台に立たれることを願っています。

 ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

544日目 I君帰任する

I君が帰任で日本に戻った。
まだまだ先だと思っていたが、ついにこの日がやって来てしまいました。

彼とはこの仕事を基本設計から一緒に始めてもう5年が過ぎた。
彼がもうこのプロジェクトから学ぶことはほとんどない。
そろそろ彼のキャリアのために、他の仕事に放つ時である。

お別れとして、私が現場で来て強く感じたことを送る。

1. 信頼されるにはどうすればよいか。
信頼されていなければ、仕事はスムースに進まない。
さて、信頼を得るとはどういうことか。
日ごろから仲良くすることや、話しやすい親しい関係を作っておけばよいのか。
それは関係ない。
尊敬されないとだめなのである。
圧倒的な専門知識、迅速で確実な作業、公平で紳士的な態度等々なんでも尊敬は得られる。
要は相手の期待を裏切る(良い)仕事をして、まず驚かせることである。
仕事をスムースに進めたければ、尊敬されるように日ごろから努力せよ。

2. チームワーク
一人で出来る仕事の量は限られている。バランスの取れたチームを作ることを心がけよ。
メンバーの性格と能力を見極めて適材適所を心がけよ。
またメンバーはお互い信頼関係がないとうまくいかないことは言うまでもない。
若手には部分的なことをやらせがちであるが、絶えず全体での位置づけを説明してやること。
次は自分がリーダーだと自覚させて仕事をさせること。

3.人間関係に悩んだらどうするか。
人間関係は難しい。 どうやっても話がかみ合わない人は確率として存在する。
どうしてもだめなら、その人は存在しない者として記憶から消去するしかない。
仕事は一人でやっているわけではないので、他に窓口はあるので仕事に支障はない。
気にすることはない。

4.想像力
 とにかくよく考えること。 なぜ壊れたのか、この対策は本当に正しいか、最悪の事態が起こっても耐えられるか、顧客のコメントの真意のなにか、裏があるのではないか等々、
なんでもよく考えること。 頭は筋肉と同じで使わないと衰える。 言われたことだけ確実にこなしていればよいと思わないこと。 時には命令違反も必要。

今後の検討を祈る。

 ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

                             (◎´∀`)ノ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

543日目 U君帰国する

新人現場研修が終わりU君が日本に帰国した。

日本では別の部署に所属なのだが、何故か私の専門を希望してきた。

希望をかなえて受け入れて2ヶ月間面倒を見てきた。

断る理由はないので、希望を持てば叶う事があるということを知ってもらいたかったのである。

昔の事になりますが、私は学生時代にこの会社(業界)に本当に入りたいと思っていた。

その年、同じ学校から希望者が5人もいた。 

昔なので、学校推薦をもらえれば大体入れた。

だが、学校推薦枠は一人だった。

一人はなかなかの好青年で私より優が少し多かった。

残念ながら、私は学校推薦をもらえなかった。

だが、OBに何故か気に入ってもらえらたらしく、会社に頼んで面接をうけらることになった。

その年から入社試験は面接だけで、ペーパーテストはなくなっていた。

当時の面接は午前中に取締役クラス、午後に常務クラスとの2回であった。

面接の質問は、卒業論文の内容に関してとそれに対する質問。

それ以外は履歴書に書いてある内容に関して、思いつきの質問。

質問を通して、その人間の頭の切れや人間性を見ている感じであった。

(ペーパーテストがあったら、やばかったかもしれない)。

結果、今の会社に入社できた。

今まで、希望した高校、大学等々にことごとく入れなかったので、入社が決まった時はほんとうにうれしかった。

この時、希望を聞いて、会社に面接を受けさせてもらえるように頼んで、面倒を見ていただいたOBの方は恩人だと思っている。 途中で退社されてしまって、連絡が取れない状態になってしまったが、恩は一生忘れることはない。

この時に強く、感じたことは、

とにかく、希望を持つこと。 

相手に熱意が伝わればなんとかしてくれる(かも)。

そして、この年になって思うことは、

希望を持った若者が訪ねて来た時は、それが本当の熱意であれば受け止めてやること。 

U君が歓送会で、ほんとに○○が好きなんですと、最後も皆の前で言っていたことが忘れられません。

希望を受け入れてよかったと思った瞬間でした。

彼とは今後、仕事で一緒になることはないかもしれないが、一期一会でよかったと思うしだいである。

 よった記念にポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

                              (o^-^o)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

542日目 現場キャンプクリスマス

昨晩は外でクリスマスバーベキューパーティーでした。

Cimg4504_medium_2

骨付きステーキはちょっと固めですが、その場で焼いてくれていますのでとてもおいしかったです。 コレステロールのことは忘れて食べてしまいました。

Cimg4488_medium

プロジェクトマネージャーは永遠と続く抽選会で、商品を渡しています。

マネージャーは皆が働いてくれて、なんぼです。

サービス業なんですね。

Cimg4501_medium

 ランキングUPのポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

541日目 クリスマスツリー

運転手たちの控え室が綺麗にクリスマスの飾りつけがされていました。

X_tree

殺風景な現場事務所ですが、一瞬、心が和みます。

もう、クリスマスか。 

早い。∑(=゚ω゚=;)

 (/ ^^)/アリガトネ -->  人気blogランキングへ

              

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

540日目 ACER ASPIRE ONEを買う

流行のミニノートパソコンを買いました。

Acer_1_3

ACER ASPIRE ONEです。

ドーハのカレフールで1850リアル(凡そ5万円)でした。

鬼嫁に説明しておくが、これは現地通貨で毎月貰っているたばこ銭を貯めて買ったわけです。

このモデルが欲しかったわけではなく、ミニノートが2種類しか売っていなかったのです。

置いてあったのはこのACER ASPIRE ONEとEPCの901。

選択の余地なく、このACERに決定。 

色はブラック。 

パソコンと車は黒と決めている。

箱を開けて気がついたが、キーボードはアラビック仕様。

Acer_5_medium

なかなかかっこよろしい。

WINDOWSのコントロールパネルでJAPANESEを選定すれば、外国語キーボードでも問題なく日本が入力出来ます。 

Acer_2

このASPIRE ONEを使っての印象は強い順に以下のとおりです。

1.  タッチパッドのクリックボタンが左右についている。指がつる。

2.  THINKPAD    T60を普段使っているので、小さなキーボードはつらい。  手のひらを開けないので手のひらがつる。

3.  ENTERキーが小さいので押し間違える。

4.  ひんじ部分のプラスチックが割れそうで怖い。

5.  液晶は非常に色鮮やかできれい。

起動も終了も早いので、ストレスなく使えます。

でも、道具として考えると、プラスチックの質感に安さを感じます。

Acer_4_medium

日本に置いてきた古いTHNKPAD s30のすばらしさを思い出します。

LEVONOはs30を同じデザインでもう一度出してくれないだろうか。

S30

今日、言いたかったのは最後のs30に関してでした。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

538日目 息子へプレゼント

12月は息子の誕生日とクリスマスがあるので、プレゼント贈ることした。

日本の流行に疎いので、中学生の男の子が何を欲しがっているか皆目検討がつかない。
ゲーム機は複数持っているし、これ以上ゲームをやる時間はない。
古典的な戦争の本も既にかなり持っている。

鬼嫁に何が欲しいか探りを入れさせたが、何も言って来ない。
物質的には満たされているのだろう。
これって幸せなのだろうか。

自分が子供のときは、絶えず欲しいものがあった。

小学3年頃は顕微鏡。 これは叔父に買ってもらった。
理科の実験で、マイ顕微鏡として持って行っていた。
(まだ家に保管してある)。

小学5年はモデルガン。 アメ横の確かMGCという店で、2-3丁買った。ダイキャスト製で重い銃だった。
ワルサーP38とS&Wの375マグナムそれ確かとコンバットマグナム45口径だった。 
ホルダーも買ってジャンバーの下につけて、電車に乗って祖母の家に1人で行った記憶がある。

小学6年は望遠鏡。 これは親父にデパートで買ってもらった。 
月や人の家をよく覗いた。
(数年前に息子が望遠鏡を欲しがったので、その古い望遠鏡を出して組み立てようとしたが、プラスチックが劣化してぼろぼろに割れて使えなかった)。
自転車も欲しかった。 危ないからなかなか買ってもらえなかったが、最終的にサイクリング車を買ってもらえた。  

中学生になると、オーディオが欲しかった。 家に古い家具調のステレオがあったが、最新式のカッコいいのが欲しかった。
カタログをぼろぼろになるまで見続けた。 どれが良いか比較して空想しているのが幸せだった。

高校生になると、兎に角バイクが欲しかった。 原付バイクの免許を取った。 
でも危ないので買ってもらえない。 最終的に叔父の知り合いから古いスズキの原付バイクを譲ってもらった。 

大学生になると兎に角パソコンが欲しかった。
なんとか、お金を貯めて買った。 NECのPC8801で一式30万円近くした。
大学時代はそれ以外に欲しいものは無かったと思う。 
彼女が欲しいとも思わなかった。
ミスタースポックのような論理的な人間になりたいと考えていた。 
(ミスタースポックはバルンカン人で人間ではないが)

社会人になると、車が欲しかった。
買った。 昔から憧れてていたクロのいすゞピアツァネロだ。
お気に入りだったので、一生乗ろうと思ったが、鬼嫁が運転するには厳しいので泣く泣く買い換えた。

そんなことを振り返りながら、息子の欲しいものを考えた。
最終的に選んだのは、南部14年式(前期)のエアーガン(ガスブローバックの本格的なやつだ)。

Nanbu14_1_2

戦争歴史研究家モドキの息子には堪らない一品。

Nanbu14_2

鬼嫁にコテンパンに怒られた。
何でこんな物を送ってくるんだと。

女に少年の気持ちはわからない.

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

535日目 赤眼治る

先週金曜、左眼の白い部分が出血したように真っ赤になってしまった。


強く擦ったりゴミが入った違和感も無かったので、たいへんビビッてしまった。
こんなに血が出たように、真っ赤に染まったのは、男なので産まれて初めてです。

I君がネットで調べてくれたら、同じような症状の人の相談が出ていて、自覚症状がなければ数日すればだんだん赤い部分が消えていくから大丈夫とのことでした。

毎日写真を撮ってどのように消えて行くか記録しておきました。

Red_eye

視力もかわりありませんし、自覚症状も何もありませんので心配ありません。

明日18日はカタールの独立記念日で祝日です。
(この祝日は決まった日があるのでなく、毎年移動しています。)

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

534日目 チーム

 海外LNGプラントの建設現場となると、人数は半端で無い。
人数が多い分だけ、セクショナリズムは強く、なかなか一致団結してとはなれない。 

私のチームは設計から数えて彼是5年も一緒に仕事をしているI君、双子とよく間違えられるEさん。
3人で朝から晩まで顔を着き合わせ、3食共にし、喜びも心配事も共有している。

これは外部から見ると、群れて仕事をしているように思えるだろう。
少なくとも私は、年齢を超えて良い関係を維持出来ていると思っているが、
仕事以外で一緒に遊びに行くわけでも、酒を飲んで一緒にくだを巻いているわけでもないので、仕事を中心の関係だ。

3人でいつも群れているのは理由がある。
絶えず何かしらのトラブルがあるので、一緒に解決策、今後の方針を一緒に考えているのである。


車に乗りながら、食事しながら、歩きながらである。
1人で考えるより、3人で考える方がいいアイデアが出来る。
自分で良いアイデアと思っても、チッェクする人が居ないと、間違いや他に良いアイデアがあっても気が付かない。

人はどんなに経験があろうと頭が良かろうと完全ではない。
どんな人も必ず間違えます。
またトラブルが重なれば精神的に不安定になり、冷静な判断も出来なくなります。

そんな時、3人で考えればダブルチッェクできるのです。
ダブルチッェクとは、「念には念」のことです。

リーダーが強すぎると、リーダーの意見に逆らえません。
弱いリーダーでは、意味が無いと思われるかもしれませんが、
メンバーの自発性と自由な発想を引き出すためには、リラックスして何でも言い合える関係が普段から必要なのです。

年齢、経験に関係なく、自由に意見を言えてアイデアを練れるチームが理想。
成功したときは、メンバーの手柄にしましょう。
ただし失敗時はリーダーが責任を取らないといけません。 部下が悪いなどと外に対して絶対に言ってはいけません。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

532日目 昼食

日曜です。

Ningin

鬼嫁からハンバーグを作っていると、にんじんを切っている写真が来た。

俺に、こっちでハンバーグを食べろと言う。

「わかった、食べるよ」と返して、昼飯に出かけた。

あった w(゚o゚)w

ハンバーグ。

Hanberg

カレーうどんもあったので、両方食べてしまった。

食いすぎ。

今晩は篤姫が最終回だ。

見逃さないようにしないと。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

              ψ(`∇´)ψ

15日追記: 日本の食卓です。 

081214_191902

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

530日目 金曜に考える 現場力

金曜、休日です。

Genba

現場力を鍛える 「強い現場」をつくる7つの条件 (遠藤功著)を読んだ。
これは鬼嫁が自らで選んで持たせてくれた一冊である。
私が工事現場に来ているので、これを選んでくれたんであろう。
現場とは、製造業、販売業、サービス業、役所あれ、第一線で物や外部と直接接している部門のことである。 

この本の最後にまとめている用語集では、”現場力”を以下のように定義している。

”現場力” とは、企業活動のオペレーションを担う現場が持つ組織能力のこと。
具体的には、現場が自ら問題を発見し、解決する能力を指す。 この組織能力のは企業間格差があり、現場力の高い企業は持続力のある競争力を確立している。

なるほど。

現場力の優れた例として、トヨタの改善、花王、山の上ホテルを例に挙げている。

驚くことに、私の会社の名前も二箇所に出てきた。 経営者の現場管理の方法に関してだ。 

「強い現場」をつくる7つの条件をとは以下の通り(目次より)。

第一の条件: 企業哲学としての「現場力」
第二の条件: 脱・事なかれ主義
第三の条件: 主権在現
第四の条件: 自立的サイクルを埋め込む
第五の条件: 見える仕組み
第六の条件: オルガナイス・スモール
第七の条件: 継続する力

私の結論は、

「現場(先端で働く人たち)」がしっかり自分の頭で考えて、問題の発見、提起、解決を推進すること。 

そういう人材を集めたり、育てられるかが鍵。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

526日目 Eid al-Adha(犠牲祭)

Eid

本日、8日から3日間はEid Al-Adhaの祝日です。

新聞にも王様(と王子でしょうか)の写真がたくさん出ています。

流石に現場を3日間も休みにするわけに行かないので、我々は本日だけ休日となっています。

Eid Al-Adhaとは聞きなれないことばですが、イスラム教では楽しみにされている祝日のようです。 

カタールは祝日がほとんどないのですが、12月はEid Al-Adhaから始まり18日の独立記念日、25日のクリスマスと祝日があるので、実質もう終わりに近い感じです。

以下、Eid ul-Adhaの説明です。

イード・アル=アドハー(Eid ul-Adha)はイスラム教で定められた宗教的な祝日。
アブラハムが進んで息子のイシュマエルをアッラーフへの犠牲として捧げた事を世界的に記念する日。
ムスリムのラマダーン明けの2つのイード(祝祭)の1つである。イード・アル=フィトルと同様に、イド・アル=アドハーは短い説教をともなう祈祷(フトゥバ)から始まる。イード・アル=フィトルより長期間にわたるため、大イードなどとも呼ばれる。また、日本では犠牲祭と意訳される。

イード・アル=アドハーはヒジュラ暦の12月10日から4日間にわたって行なわれる。
この日は世界中のムスリムによるサウジアラビアのメッカへの毎年恒例の巡礼においてアラファト山を降りる日の翌日にあたり、すなわちハッジの最終日である。
また、巡礼に参加していないムスリムも動物を1匹生贄として捧げ、この日を祝う。

老若男女を問わず、イードに参加する全てのムスリムは正装してモスクに集うよう求められる。また、所有するヒツジラクダウシヤギなどの家畜から生贄を供出することもできる。供出された動物はウディヤ(udhiya、アラビア語でأضحية)またはカルバニと呼ばれ、年齢や品質の基準を満たしたものだけが適格とされる。一般的には、4歳以上で26ストーン(163.8kg)より重いものがふさわしい。生贄に捧げる際にはアッラーフの名を復唱し、ムハンマドと同じように嘆願を述べる。コーランによれば、肉の大部分は飢えた貧しい人々に与えられるべきであり、これらの人々はイード・アル=アドハーの宴会に参加できる。残りは家族にお祝いの食事として分けられ、親族や友人を招いてこれを食べる。貧しくないムスリムは捧げられた食物に手をつけない事で協力し、イード・アル=アドハー期間中のイスラム社会における慈善が実践される。イスラム社会においては、イード・アル=アドハーを通じて倫理的な実践が強く確認される。また、人々は、期間中に両親、家族・友人の順番に親族などを訪問する。

初日と最終日にタクビールを唱える(「アッラーフ・アクバル」と唱える)事と同様に、肉をふるまう事はイード・アル=アドハーにおける不可欠な要素とみなされる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

                                m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

525日目 ホンダ

Honda

ホンダがF1から撤退するそうです。

http://www.honda.co.jp/news/2008/c081205.html

残念ですが、もう化石燃料エンジンの競争をする時代ではないかもしれません。

本田宗一郎だったら、撤退の判断をしたでしょうか。

本田宗一郎のような人が今の時代少なくさみしいですね。

親しくしているお客さんのインドネシア人は、ホンダの車が好きだそうで自分も子供もホンダに乗っています。

理由は、ホンダは他の日本メーカーと違って、海外生産が少なくメイドインジャパンだからそうです。

日本メーカーの国内生産を売りにしても良いかもしれませんね。

価値を感じる人は多いはず。

我々の会社も日本人エンジニアが設計から引渡しまで同じ担当が見ています。

これは世界のプラントエンジニアリングの分野では稀なことなんです。

顧客からは感謝されますが、儲かるかは全然関係ありません。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

(* ̄ー ̄*)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

523日目 「史上最強の人生戦略マニュアル」

Cloud

金曜休日です。

午後、外の風が余りに気持ち良いので、鬼嫁が選んでくえた本を持って、外でくつろいでいました。

雲が海の上で成長しています。

読んだ本は「史上最強の人生戦略マニュアル」。

Book_2

なぜ、この本を鬼嫁が選んだのかは不明だが、タイトルが凄い。

もともとの題は、"LIFE Strategies".

人生戦略のマニュアル本? 

人生をマニュアル化するのか。 

本の内容はそうではないだろう。 邦題は良くないね。

本の中で印象に残ったところを紹介しておきます。 

上手く行っていない人間関係で悩んでいる場合のヒントになります。

「憎しみ」「怒り」の感情は、今すぐ断ち切る。

憎しみや怒りといった感情を抱くと、体内の化学物質のバランスが著しく崩れる。

毎日24時間、「攻撃・逃避」反応が起こり続ける。 -中略ー こういった激しい興奮状態にある人は、睡眠障害や悪夢、集中力の低下や疲労といった症状を示すことが少なくない。

人を許すことで自分自身も解放される。

許すのに相手の協力は必要ない。悪かったと思う必要もない。自分のやり方が間違っていたと相手が認める必要もない。

許すのは、あなたのためであり、相手には関係ないのだ。

許しには、憎しみや怒り、憤りという一連の感情から自分自身を解放する力がある。 この力を利用して痛みを乗り越えよう。 

 

よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

522日目 鬼嫁日記

鬼嫁は独裁者なので、日本で私は無抵抗主義で過ごすことにしている。_| ̄|○

息子はそんな私の姿を見て気の毒に思ってたのか、離婚しても良いよと父親の私をかばって言ってくる。
離婚したら、お前は鬼嫁の方に引き取られるかも知れないがそれでも良いのか聞くと、

それは困ると言う。 

裏を返してよく言えば、息子には夫婦円満の秘訣を身を持って教えているのである。
コツは日常の些細なこと、どうでも良いことは相手の言う通りにすれば良いだけである。
どのレストランにするか、何を食べるか、どこに買い物に行くか、どの映画を見るか等など。
男と女は価値観が違って当然なので、場面場面で価値を感じる方が主導権を握って決めればよい。
家庭生活は殆んど、奥さんに主導権を譲って差し支えないのである。

外での仕事は別である。 
他人に主導権を与えすぎるの面白くない。
家での鬱憤を晴らすかのごとく、自分の考えたシナリオで物事を進めるのが楽しい。
ただし、シナリオ通り行かないことも多いが、それはそれで読みが浅かったと反省するのも楽しい。

今年の現場で年を越すことになっているから、そんな鬼嫁でも私に本を選んで持たせてくれました。

Cimg4257_small
現場、中東、日本、金、人生.. そんなジャンルです。
なかなか良いことも書いてあったので今度紹介します。

あまり日本での生活を思い出すと寂しくなるので、今日はこれ位にしておこう。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

ψ(`∇´)ψ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

520日目 新人U君

新入社員達の中間発表会が先日ありました。
この一月でやったこと、学んだこと、感じたことを各自順番に発表して行きます。

私が面倒を見ているU君の発表が心配だったので、発表内容は事前にリビューしておきました。
彼は非常に真面目で、ただ自分が見ていたトラブルのことを話して終わりそうだったからです。

当日はそれを読めば良いですかと聞いて来たので、トラブルの内容を紹介はどうでも良い。
それを通して、学んだこと、感じたこと、問題点、提案を自分なりに考えて発表しろとアドバイスしておきました。

短時間でたくさんの新人が発表するのですから、この機会に上の人に自分を覚えてもらう事が大事です。
印象に残るユニークな考え方を披露できるかです。


U君は普段は非常にユニークです。 
趣味は鉄道写真鑑賞です。
なので現場の機械の写真を撮りたいと言って来たので、デジカメを渡しました。 
うれしそうでした。

U君は当日の発表では棒読みしてしまいました。 
彼の次回の発表会に期待しましょう。

縁あってこの2ヶ月、世話をしています。
自分の新人の時を思い出しても、当時世話になった人には、今も頭が上がりません。
面倒な時もありますが、昔の自分のことを思い出して出来る限りの事はしてしてあげないと行けません。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

( ̄ー+ ̄)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »