« モチベーション | トップページ | 一ヶ月過ぎた »

2009年7月19日 (日)

中間管理職

モチベーションが下がりつつある。

今までは、個別プロジェクトの成功だけを考えて言いたいことを主張して行動してきたが、中間管理職はそう簡単に好き勝手な発言も出来ないようだ。

はっきり書けないので判り難く書くと、「世界全体の競争に勝って利益を出すためのグローバルな組織変革、多角化への資源配分、それと同時に現状の複雑化する業務の対応」。

例えるならば、嫁と姑に挟まれた何も言えないひ弱な旦那といった感じだ。

部下たちが言うことを聞かないとか、何を考えているのかわからないとか言った問題はない。

あるべき姿(正しいか正しくないかはこの際おいておく)と現実のGAPの大きさに唖然としてしまい、力が抜けてしまうのである。

日本の製造業の全てが抱えている問題と共通している。

下の面倒を見ることは昔から好きでしてきたつもりだが、

言われた事だけをして、無難にこなすことは得意でない。

中間管理職は向かないかもしれない。

|

« モチベーション | トップページ | 一ヶ月過ぎた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中間管理職:

« モチベーション | トップページ | 一ヶ月過ぎた »