« 中間管理職 | トップページ | フォロワーシップ »

2009年7月21日 (火)

一ヶ月過ぎた

現場では金曜日だけが休日で、その金曜日も結構でないといけなかった。

カタールは祝日がほとんど無く、連休は夢のまた夢であった。

それに比べて、日本では土日は会社休みだし、祝日も多い。

私に取っては、現場の生活&仕事は苦痛だったと思う。

この連休中にNHKスペシャルで「マネー資本主義」の4回目と最終回を見た。

4回目はサブプライムローンのような金融商品を産み出した金融工学の話。

テレビ番組としての簡略化した説明で、私(素人)が一番感じたことは、

金融商品は、破綻するリスクの確率を想定している。 その想定は今までの実績から求められている。 その想定が大きく崩れるようなことが起これば、リスクを最小限にしていたはずの金融商品も安全ではない。

「想定」

これって、金融商品だけでなく、工事などの計画を立てる時に、必ず想定をして考えます。

- エンジニア・労働者は、必要な時に必要なだけ手に入ります。

- ユーティリティー(水、電気、空気等々)は、必要な時期に準備できています。

- ジョイントベンチャー相手側の仕事も予定通りに進む。

数々の都合の良い想定があります。

工事の遅れや不具合が出たときは、決まって「まさか、こんなことがおこると思わなかった」とよく言われます。

大体これは嘘のようです。 

「起こりえることは想像していたが、それを想定すると計画が立てられないから、考えないようにした」のが事実だと思う。

「想定」の信頼性がないと、いくら数式が良く出来ていても出てくる答えの信頼性はない。

問題を与えられたら、問題で使われれている想定がどれだけ正しいのか良く考えてから、取り掛かったほうが良い。

概して、学校の勉強の優等生は与えられた問題の範囲内では正しい答えを導けるが、問題自体を疑うことがないかもしれない。

与えられた想定を使っている限り、役に立たない答えが出ても、自分に責任はないと自己保身になってしまうからでだろう。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

|

« 中間管理職 | トップページ | フォロワーシップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一ヶ月過ぎた:

« 中間管理職 | トップページ | フォロワーシップ »