« 帰任しました | トップページ | 中間管理職 »

2009年7月12日 (日)

モチベーション

少し、昇進した。

今までも残業が付かない幹部職ではあったが、それは年齢的にそうなっていただけであった。

カタールの仕事では、自分の専門分野のリードエンジニアとして自分のチームをまとめて、仕事をうまく進めることを目的としていた。

リーダーではあるが、実際に管理職では無かった。

軍隊で言えば小隊長のようなものだろうか。

今度は中隊長のようなものだ。

いくつかの小隊が機能できるように、人員や配置を考えなくてはいけない。

場合によっては、軍司令部から他の部隊の補強のため、今まで育ててきた隊員を差し出すような要求が来るかもしれない。

最前線の現場に出ている小隊から応援要請があっても、人員不足のため涙を飲んで、現地調達でなんとかしろといわなければならないかもしれない。

今までとは違う切り口で、考えて行く必要がありそうだ。

そこでまず業務改革を考えなくてはいけなくなった。

改革と言えば、政治家が改革、改革はいつも言っている。 

あの小泉・竹中は、改革が不十分だから、よくならないのだと開き直っている。

話をもどす。

業務改革とは、REFORM(リフォーム)のこと。 仕事のやり方を見直すということだろう。

業務改革について、考えたことがなかった。

そんな物は意味がないと思っていたから。

しかし、今回は無視できない。

何か参考になる本を探しに、今日、ブックオフに行って来た。

ブックオフには、最新刊はないが、結構マニアックな本も混じっておいてあるので、この主の本を探すには一般の書店よりよい。

業務改革ずばりの本はなかったが、面白そうな経営学の本があったので数冊買ってきた。

その中の一冊は、「モチベーションエンジニアリング経営」。

成果主義だけで社員のモチベーション(士気)をあげるのは不可能。

社員ののモチベーションを如何にあげるかが鍵。 

我々の部署の場合、具体的には何をすればいいのか。

モチベーションを上げるよりも、下げるような事実のほうが多いからな。

 

ただ私のモチベーションは、少し昇進して、給料が少し上がったので今は上がっている。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

|

« 帰任しました | トップページ | 中間管理職 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モチベーション:

« 帰任しました | トップページ | 中間管理職 »