« フォロワーシップ | トップページ | 競争の戦略 »

2010年1月23日 (土)

2ちゃんねる

寒いので、家のなかでごろごろしていること多い。 というかずっとごろごろしている。 テレビも面白くないし、読書も最近集中力が続かない。

やることないので、2チャンネルの掲示板をただ読んでいる。

一つ気に入った話があったので、コピペします。

ある大学でこんな授業があったという。 
「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。

教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
 学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」

一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」と教授は言った。

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
 大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、
君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう

コピペ終わり。

何で気に入ったかというと、物事の重要度と優先順位を説明する良い小話である。 それとまだまだ努力がたりないとう根性論を否定している。

会社って、苦しんで頑張っているところを絶えず見せてないと評価されないんだよね。 とりあえず、苦しんでいれば、平均以上の評価はもらえる。

本当は要領よくやることが誉められることなんだが、手を抜いているのか外から見てわからないので、評価は上がらない。

ましてどう見ても無駄なことでも、無駄だからやりませんなんて、上には口が避けてもいえない。 

将来、上に上がりたい人は、重要度と優先順位をいつも考えてね。

くれぐれも、全部大事だとか言わないように。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

|

« フォロワーシップ | トップページ | 競争の戦略 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。