2009年7月21日 (火)

一ヶ月過ぎた

現場では金曜日だけが休日で、その金曜日も結構でないといけなかった。

カタールは祝日がほとんど無く、連休は夢のまた夢であった。

それに比べて、日本では土日は会社休みだし、祝日も多い。

私に取っては、現場の生活&仕事は苦痛だったと思う。

この連休中にNHKスペシャルで「マネー資本主義」の4回目と最終回を見た。

4回目はサブプライムローンのような金融商品を産み出した金融工学の話。

テレビ番組としての簡略化した説明で、私(素人)が一番感じたことは、

金融商品は、破綻するリスクの確率を想定している。 その想定は今までの実績から求められている。 その想定が大きく崩れるようなことが起これば、リスクを最小限にしていたはずの金融商品も安全ではない。

「想定」

これって、金融商品だけでなく、工事などの計画を立てる時に、必ず想定をして考えます。

- エンジニア・労働者は、必要な時に必要なだけ手に入ります。

- ユーティリティー(水、電気、空気等々)は、必要な時期に準備できています。

- ジョイントベンチャー相手側の仕事も予定通りに進む。

数々の都合の良い想定があります。

工事の遅れや不具合が出たときは、決まって「まさか、こんなことがおこると思わなかった」とよく言われます。

大体これは嘘のようです。 

「起こりえることは想像していたが、それを想定すると計画が立てられないから、考えないようにした」のが事実だと思う。

「想定」の信頼性がないと、いくら数式が良く出来ていても出てくる答えの信頼性はない。

問題を与えられたら、問題で使われれている想定がどれだけ正しいのか良く考えてから、取り掛かったほうが良い。

概して、学校の勉強の優等生は与えられた問題の範囲内では正しい答えを導けるが、問題自体を疑うことがないかもしれない。

与えられた想定を使っている限り、役に立たない答えが出ても、自分に責任はないと自己保身になってしまうからでだろう。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

714日目 帰任報告書、未だ手付かず

そろそろ帰任が近いので報告書を書かなければいけないと思っているが、

なかなか手が付かない。

構成は既に頭の中にはあるが、手が付かない。

I君の帰任の際には、ちゃんと書いて置かないと駄目だよと言って書かせた。

私に書くことを強制する人立場の人はここにはいないので、書き始められない。

私は作文が小学生の時から苦手なのである。

ブログを書けば、少しは文章が書けるようになるかと思っていたが、全然進歩しない。

報告書を書くことは義務になっていない(はず)だが、

何かしら書いておかないと、誰かに見せてといわれたときに、

言い訳をしないといけなくなる。 

これはかっこ悪い。

技術的なことは、素手の報告されているし、自分としてはあまり面白くないので書きたくない。

感想や考えをだけを書くと、事実を書けといわれてしまう。

不真面目ととる人もいる。

私ほどまじめに真剣に仕事の成功とお客さんの満足を考えている人はいないと思っているのに。。。

一般にトラブルのレポートで、原因が書いてあるが、その原因はほんとうにそうだったのかは、かなり怪しい。

自分に都合が悪いことは、かっこ悪いので、ごまかしているはずである。 

そうなので、私は過去のLL(Lessons and Leans)は、丸呑みするなと言っています。

どうしてそういう風に考えて、そのような事が起こったのかは、あまり書かれていないからだ。

まずい。

また、書かない言い訳を考えている。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

713日目 兄弟の人間学

以前から気が付いていたが、人の性格や思考は、その人が兄弟(姉妹)のどの位置で育って来たかが大きい。

血液型や県民性に比べて、これは断言できる。

今日も、インドネシア人のH君に断言した。

H君は3人兄弟の長男で、末の弟の自分勝手な行動を心配していた。

彼のお父さんは、私のお客さんで親友であるが、彼も5人か6人兄弟の長男で絶えず一族のことを気にかけていると言う。 仕事でも同じような境遇で、いつもぎりぎりの難しい立場で調整をしてくれる。 

長男長女は下の兄弟の面倒を絶えず見ないと行けないと考えながら育つ。

大体、下の子供は能天気であっけらかんとして、自分がしたいように振る舞い、まわりのことはあまり考えていない。 よくいえば、天真爛漫でのびのびしているのであるが、兄貴から見るとあぶなかっしてくて見ていられない。

私にも3つ年下の弟がいるが、小さいときから就職するまで、絶えず気にかけて勉強を教えたり、代わりに美術の絵を書いてやったりしていた。

自慢になってしまうが、私は子供の頃、絵の才能がかなりあった。

しかし弟は絵の才能が全くなく、美術の成績が5段階で2を貰ってきた。

このままでは、高校入試のない内申点が悪いので、弟の書いた絵に手を加えた。

その結果、まんまと美術の先生が騙されてしまい、美術の成績は5になった。

就職の際にも文系であったが、営業のようなしごとより、理系の仕事の方がよいと考え、プログラミングの特訓をしてシステムエンジニアの仕事を得た。 

よく言えば面倒を見てきたことになるが、悪く言うと誘導していた。

長男の思考パターンは大人になってからも抜けず、会社では兄弟に代わって部下のことを面倒見なくてはと絶えず気になる。 

面倒見の良い上司やお客さんは、ほとんどが長男・長女だと思って間違いない。

ただし、面倒見が良いからと言って良い上司であるかは別の話である。

どこかで研究されてそうだが、男3人兄弟の真ん中の性格とか、姉2人がいる弟の性格とか傾向があるはずである。

私は長男で、長男のいやらしさがわかっているので、昔から気心がしれる親友は長男でないことが多い。

私の息子もそうだが、最近は一人っ子が多い。

一人っ子の性格は、兄弟がいる子と比較して、それなりに癖がある。

今後、一人っ子が大きくなって、一人っ子の大人が中心になってくると社会は多少変わってくるだろう。

断言できないが、一人っ子出身が増えすぎると、良い雰囲気の方向ではないと懸念する。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

704日目 金曜に考えること

現場も終盤を迎え忙しい日々が続きます。

忙しくとも、結果が出れば達成感がありひと時の喜びを感じます。

反対に問題が出ると、やり直しだけではすまないので焦りは感じますが、

興味深い現象を体験できたと、面白がることに心がけています。

技術者としては、いろいろな経験は財産です。

座学の研修やら本では学べません。

せっかくのチャンスなので本社には若い人に良い経験なので、人を送れと何度か進言しましたが、 なかなか通じません。

インドネシア人のH君にはトラブルがあって、勉強できてよかったねといつも話しています。

これは人生も同じなんだよ、結婚や子育ても苦労することが多いが、人として学ぶことのほうが多い。 だから、鬼嫁と結婚するべきとは言ってませんが。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

追記) 鬼嫁から、「おまえ、子育てしてないじゃん」とさっそく突っ込みが来ました。

確かに、入学式、卒業式の類は、ほとんど日本にいなかったな。。。

  

| | コメント (3)

2009年4月13日 (月)

650日目 猫とコピペ

完成式典は終わりましたが、もう一系列の工事は進行中です。
今日現場で試運転の立会いをしていたところ、幸運の猫が久しぶりに現れました。

Cat_april_12
この猫が現れれば、試運転はいつも成功なんです。

最初の系列の試運転は、新規だったので今ひとつ自信をもてない不安な気分で進んで行きました。
時には猫頼みもあります。
前例が無いことも数多くありましたので、意見も別れピリピリした雰囲気でのテストも何度かありました。

2つ目の系列はコピーです。
コピペは楽です。 
問題点は既に解決されています。

同じに作ればいいのです。

ビジネスとしては、コピペは歓迎でしょう。
既に確証されているので、失敗するリスクがありません。
でもコピペは、人を成長させません。
困ったことがないと人は考えないのです。

余り効率を重視してコピペばかりだと、考えない人が増えてしまいます。

この分野、ビジネスとしての成功と、人の成長は必ずしも伴いません。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

617日目 3月10日

1945年3月10日に東京がB-29、325機による大空襲、無差別爆撃を受けた。

米軍は既に日本軍の防空能力は皆無であると判断し、迎撃銃器を全て外した上で軽量となった分多くの焼夷弾を搭載した。

日本の家屋は木と紙で出来ていた為燃え易く、投下されると30メートル四方に高熱のナパームを噴出する焼夷弾が雨のごとく投下され、またたく間に東京全土は火の海と化した。

民間人の死者は10万人を超え、東京の3分の1が焼失した。

何にも罪のない一般の人たちが大勢犠牲になった。

これらの人たちは、国を信じていたはずだ。

今の時代も変わらない。

何が真実で何がごまかしなのか、自分で見極めなければいけない。

最後は信じる馬鹿が悪いと言われておしまいである。

 よろしければ、ポチお願いします

 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

611日目 小沢秘書逮捕で考える

納得できない理不尽な要求や、自分さえ良ければという保身的な輩に対して腹が立つことはほぼ毎日ある。

まあ、これらは思慮深くない浅はかな考えや小心者がほとんどなので許せる範囲である。

しかし、最近の日本の状況はひどすぎる。

我慢ならない。

今日は小沢一郎の秘書が政治献金で逮捕された。

なんとしてでも、既得権を守るために、攻撃が始まった。

かんぽの宿売却、東京中央郵便局建て直しを徹底的に解明すれば、国民がいかに騙されていたかわかるだろう。

キャノンの工場建設の件も徹底的に追求してもらいたい。

これらはなんとしてでも、うやむやにするつもりだろう。

機械のトラブルの問題は得られた現象をじっくり考えて、自分が問題そのものになって考えればなにが原因なのか見えてくる。

日本の現状も、じっくり起こったことを考えていれば、誰がどのように仕組んでいるのかだんだん見えてくる。 

テレビ、新聞、ネットの半分は誘導記事なので気をつけて読まないといけない。

騙されないために、植草一秀の『知られざる真実』は毎日CHECKすることをお勧めします。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-cee1.html

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

609日目 腹痛

腹が痛くなった。 下痢である。
症状としては風邪を引いたときの腹痛の症状である。
少し早めに帰って、夕方の5時から朝の6時まで唯ひたすらに寝た。
こんなに寝たのは久しぶりだった。 

双子の弟は私より症状が重く、体の節々も痛いと言うので、仕事休んで一日部屋で寝ていた。
その後も腹痛が続いているので、日本から持ってきた正露丸をあげた。

なぜこうなったかはわかっている。
休日の金曜を2週連続して、仕事に出た。
昔の上司が来てくれたので、つい遅くまでバーで付き合ってしまった。
最後の日は、ドーハで生牡蠣や海老をたらふく食べてしまった。
一緒に食べた後の2人は腹痛になっていないとのことなので、あたったわけではないようです。

相棒と同じリズムで生活しているので、2人とも同じタイミングで体調が悪くなる。
これって、いざという時に2人とも役に立たないことになるので、少し生活パターンは変えたほうがいいかもしれません。

明日には2人とも完治しそうです。

 寄ったついでに、ポチお願いします

 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

602日目 2月23日

このブログのタイトル、”LETTERS FROM QATAR”は、

映画、硫黄島からの手紙 ”LETTERS FROM IWO JIMA”から、拝借しています。

カタールに赴任する前に、中学生の息子と2人で映画館でこの映画を見ました。

(それ以来、息子は戦史マニアになってしまいました。)

映画は硫黄島から日本に残した家族宛に送られた手紙の形で進みます。  これを見た瞬間に、カタールの生活の様子をブログで知らせようと思いついた次第です。

1945年2月19日にアメリカ海兵隊の上陸が開始され、

2月23日、第5海兵師団は遂に摺鉢山頂上へ到達し星条旗を掲揚しました。 

Iwojima

この有名な写真が2月23日に撮られたものでした。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

600日目 朝日を見て考える事

Feb21

朝、自分の部屋をドアを開けると、日の出でが見えます。

どうってことでは無いのですが、綺麗な日の出や夕日を見ると得した気分になります。

反対に損した気分になるのは、説明させておきながら、中身に全く興味も理解をしようともせず、とにかく休日もなく24時間働いて終わらせろと言われること。 

驚くことに、なぜそんなに急がないといけないのか根拠がない。

人は穴を叩かないと働かない。 

こんな性悪説でやられると、

ちゃんと考えて計画している身としては適いません。

どうすればいいか。

マゾになります。 叩かれるのが快感かもしれません。

または、上からの命令をかわすのが天才的に上手くなるかです。 かわすと言う事は出来ない物を出来ると言い切るので、実は嘘をつきつづけることになります。 これは、他人の作業が遅れて足を引っ張ると言うことを期待してなので、全体を把握していないとできない高等戦術です。

これに関しては人生の長い経験と苦労による修行が必要です。

 よろしければ、ポチお願いします。 -->  人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)